書肆萬年床 光画資料室

写真史や撮影行為にまつわるあれこれ、またはカメラ等についてよしなしごとを放り込む納戸

COSINA C1sとVivitar V3800Nとかの話

なんかダダダッと書き連ねてるけどそういう日もあるってことで。つーか、肝心のAF一眼レフの話題が全然ねーじゃねーかとか、写真がねーじゃねーかとか、そのあたりの苦情は受け付けかねます。はい。

そして懲りずにMFの一眼レフの話。COSINA C1s

前からときどき、無性に欲しくなるときがあったんだけど、これもまた妙にプレミアがついていることがあって手を出さなかったモノが、今回本体のみで格安で出ていたのでポチってみた。

届いてみると状態は充分実用に足るモノだけれど、Kマウントなものの手持ちのPENTAXレンズが似合わねー似合わねー、似合わねーったらない。

なにか合うデザインのKマウントレンズを探してやりたくなる。つーか、探す。

なんでこんなものを買ったかというと、こんなブログをつくっておいて白状するのもなんですが、私のメインのカメラは主にバルナックタイプ(Leitz製とはいっていない)のレンジファンダーで、もともと一眼レフはほとんど持ってなかったんですな、これが。

いや、ストリートスナップばっかり撮ってると一眼レフまじイランというかなんというか。

レンジファインダーカメラのすすめ

レンジファインダーカメラのすすめ

で、持っている一眼レフは人から譲り受けたジャンク寸前なものばかり(マウントががたついてたりな!それでも撮れるのがスゴいぞ、っていうかそれで撮れるといっちゃう私の腕なんて推して知るべし、だ)で、はたして初期状態のさらの新品ってのはどんなモノかというのを知らないままできたので、一度"買ってみよう(それほどのことか?)"と思ったときに手に入る機械式のマニュアルカメラってのはいつのまにかほとんど無くなっていて、NikonのFM10ぐらいだったんですな。これが。ただまぁ、このNikon FM10ってのは言わずと知れた(と、いいながら意外と知られていない?)コシナのOEMでOLYMPUS OM2000とかの兄弟機なわけですよ。それならそれで良いんですが、なんかつまんない。それならNikonのMF機の状態のいいの買うよってときに目についたのがVivitar V3800Nだったわけです。

Vivitarってのはアメリカの写真関連機材のメーカーで、いまではトイカメラ方面ではそれなりに名前が知られていましたな。自社製品ってよりはOEM品で有名ですが、そういう品物を探してきてブランドをはりつけるのがうまいってことでしょうかね。

なんか今検索したらAmazonさんでも品切れになってますな。どうやら販売終了しているくさい?トイカメブームのおかげで引き延ばされたフィルムの寿命もいよいよ終わりが来たということかしらん…

Vivitar V3800N SLR カメラ 50mmレンズキット

Vivitar V3800N SLR カメラ 50mmレンズキット

もの自体はまったく不満無く機械式MF一眼レフととして必要充分の機能だけをもった足さない・引かないシンプルなカメラで、「今時このカメラにこの値段はねーよ」ってあざ笑ってるメンツはそこかしこにいたけれど、いやいや味も素っ気も無い操作感といい、かえって私は好感持ったなぁ。

羊の皮を被った状態のよい(これ大事)ソビエトカメラ的というか(判らんって)。

欲しいという友人がいたので手放してしまったのはレンズのVivitar 50mm F1.7 MCの描写が好みでなかったからだけれど、別に悪かったわけではないので手放したのがちょっと惜しくなくもない。現行AGFAあたりのちと素性の怪しいフィルムと相性が良かったように思えるのもトイカメラ的か。つーか、こんなカメラをトイカメ扱いするって、トイカメラも幅が広いというか懐が深いというかなんつーか。

んで、実はこのVivitar V3800Nはレンズともども中国のPhenix DC 303あたりのOEMなんですな。Phenix(鳳凰光学)というと安原一式とかのエピソードが思い起こされるんですが、さすがに割愛。秋月はいまからでも欲しいというのは本音。

安原製作所回顧録 (えい文庫 158)

安原製作所回顧録 (えい文庫 158)

安原製作所が業務終了したあと、一時期ロモグラフィーあたりに安原一式や秋月ががっつり入荷していたあたり、おいおいマジかよ、って仁義も糞もない中国との商売の醍醐味って奴を戦慄とともに味あわせて貰ったもんです。

閑話休題

で、話を戻して今回COSINAのC1sを買ったのは、COSINAがデジカメ初期の三洋電機のごとく、自社ブランドでの商売をあきらめる代わりにOEMで圧倒的シェアを握るという名を捨てて実を取る系の商売をしている会社だからで、そういう物の作り方は大好きだからです。ああ、三洋のデジカメよ…

このC1sの原型であるCT-1スーパーこそが本家の無名っぷりとは裏腹に、世界中でたくさんの上着を着替えまくってOEM生産された、ある意味で名機中の名機としての名にふさわしい一眼レフであり、また、その金型をベースとして往年のフォクトレンダー(Voigtländer )ブランドをまとってBessa-Lに始まる(LはそもそもLeica IcやIfのような広角専用のファインダーレスの正しくカーメラ(=暗室)だけれど)レンジファインダーの輝かしい復権のベースになったカメラだからなんです、だよ。

うちにはBessa-TとBessa-R二世代目のデジタル的な従兄弟のRD-1sしかいないけれどな。Bessa-Rの現行三世代目ベースのRDは出ないものかしらぶっちゃけ500-800万画素くらいでいいんだって。シグマとかと組まねーかなぁ。Foveon積んだRD-1とか…SD1を最初70万くらいで出したSIGMAなら…きっと…いや、はかない夢ですよね。白昼夢ですよ。はい。

いや、COSINA C1sですが、実際にならべてみるとわずかに大きいんですが、プリズム周りのデザインのまとまりのよさと全体の曲線の効果もあって最小クラスのAF一眼レフのα-Sweet IIより小さく感じさせられるくらいで。持った感じもほんとに小さい。軽いけれど、ひ弱ではない。音も味も素っ気も無いけれど、こういう動作感が好きって人は意外に多いように思うんだけれどどうなのかなぁ。

ところで、ラバー素材とか握った感触とかシャッター音とかの使用感といい各部のデザインといい半年前まで触っていたVivitar V3800Nそのものって感じなんですが、これやっぱり直接の関係はないんだろーか。まぁ、DC 303にはVivitar V3800Nにはある多重露光機能があるように見えることやどっかに分解比較していたサイトがあったように思うし、そのときに内部の設計が全然違ったので納得した覚えはあるんだけれど。

それくらい割り切り方が似てたってことなんだろうかなぁ。収斂進化?それとも退化?

どっとはらい