書肆萬年床 光画資料室

写真史や撮影行為にまつわるあれこれ、またはカメラ等についてよしなしごとを放り込む納戸

それでは最初の一歩 / Minolta α Sweet II

あまりに久しぶりのはてな帰還ではてな記法もなにもかも忘れ去っていますが、そのうち思い出すでしょう。たぶん、きっと。

最初はどうせならはてなブログでやろうかと思ったんですが、どうもしっくりこなかったんで結局はてなダイアリーでアカウント取り直しました。

というわけでリハビリかねてのエントリ。今週のお題とかけてみたり。

BW400CNは最初はその簡便さで手を出したんですが、今やこのフィルムがなくなったら泣く!ってくらいの常用フィルムに。モノクロフィルムとはまたちょっと違う風合いが好みなのです。

いきなりこんな写真で、これのどこが若い人たちが撮りたくなるような写真だと、さっそく企画の趣旨がぶれぶれですが、フィルム用AF一眼レフで撮った写真はまだ数百枚レベル(レンジファインダーばっかり使ってます)で、しかも良いところはお世話になっているギャラリーに出張中なので、こんなのしかないです、はい。

嫌いじゃないけれど。





夏の終わりにこんな写真ばっかり撮ってる寂しい中年という気がしてきて滅入る(笑)次回はもうちょっとなんとか! 今週のお題特別編「はてなブログ フォトコンテスト 2014夏」