書肆萬年床 光画資料室

写真史や撮影行為にまつわるあれこれ、またはカメラ等についてよしなしごとを放り込む納戸

主要記事一覧

当ブログである程度継続的に扱っているテーマについて目次を作成しました。フェイクライカ関連以下は「続きを読む」(PC端末の場合)で展開してご利用ください。

 イカ神話 / フェイクライカ関連

主に90年代末から00年頃に活動したと思われる非常に特徴的なフェイクライカを作成したロシアのチームによるカスタムの変遷を追っています。当時のクラシックカメラブームを背景として、Leitz製カメラとしての狭義のLeicaを超えた広義の「ライカ」について考えています。

  1. フェイクライカとはなにか / フェイクライカの新潮流 (暫定版)
  2. 件の系統のフェイクライカ 初期型 レポート 速報版 
  3. 件の系列のフェイクライカ 愛と幻想のシン・ライカ
  4. 件の系統のフェイクライカ 番外編 カスタムフェド レポート速報版
  5. 件の系統のフェイクライカ 情報集積所
  6. M3神話解体試論 (2018.1.3版)
続きを読む

Fed(I)のマウント金具を交換してLマウント互換にする話 その2

f:id:afcamera:20190316032924j:plain

※ 以下の記事は2014年の原稿を元に再構成したものです。ソビエトのカメラ・レンズ史または写真史については国内に信頼に足る文献は少なく、伝聞に基づいた記述があることをご承知おきください。

マウント金具をFed3のものと換えてしまったのでもうFed改とでも呼んだがいいのかもしれなくなったFed(I)ですが、実写までにはまだまだ関門があります。まずはフランジバックの調整です。この時点ではフランジバックが短いと推測されるのでFed3に入っていたスペーサーも全部放り込んだのですが、デプスゲージなどは持っていないので実写で確認するしかありません。さて前ピンか後ピンというところから調整が始まるわけですが、いったい何本のフィルムを消費することになるか…

操作しやすい信頼のジュピター8を付け、被写界深度が一番浅くなるF2.0に合わせて露出の問題でF2.0は使えずF4.0で試写をします。この時点では距離計がズレていると目されるのでファインダーは使わずレンズの焦点距離の指標で合わせながら目測で撮っていきます。

その結果です。(写っているのは絞りF4で試したもの)。

f:id:afcamera:20190316031618j:plain

下に見えているのはメジャーです。設定した焦点距離に合わせて手製の目印を移動させながら撮っていきます。

この写真から以下のことがわかります。

  • その1
  • Fed1のフランジバックが実用と見なしうる精度では合っていること。このやり方で一発で合ったというのはかなり奇跡的な話です。追加したスペーサーは2枚で計4枚のスペーサーが入っていますから0.2mm短かったということになります。
  • その2
  • シャッター幕が酷く劣化していて張り替えが必要なレベルなこと。この写真はなるべくマシなのを選んだのですが、他のはもう漏れているというかシャワーを浴びているというか。

そこでシャッター幕については急場しのぎの対策にかかります。見ての通りシャッター幕がボロボロです。この個体はヤフオクで"美品"という触れ込みのものを落札したのですけれども、日本語の怪しい業者でこの業者は2019年現在でも出品を続けているので注意が必要です。

f:id:afcamera:20190316031817j:plain

海外の「美品」は"一応動いている"というレベルのことがままあります。この辺りがソビエトカメラなんてまさしく動けばいいという感覚を生み出している遠因では無いかと思われて残念でなりません。

分解した時点で見るも無残に劣化したシャッター幕は確認していました。マウント金具から覗き込んだ時点でひび割れだらけでしたら期待していませんでしたが、これはヒドい。

f:id:afcamera:20190316031944j:plain

光を当ててみると、お前は「シャッター幕の仕事を果たす気があるのか!?」と言いたくなる勢いで光のシャワー状態です。むしろフランジバック確認用の試写の時点でよくあの程度で済んだものだというところですがそのあたりは撮ってみなければわからないところです。

f:id:afcamera:20190316031957j:plain

さて、最終的にシャッター幕を張り替えるしかありませんが、当座はこの幕を応急処置でも何とかしたい。こういうときはホームセンターや100円ショップを歩きながら考えます。水漏れ防止のシーリング材でも使おうかと思っていたところ、もっと簡便なものが見当たりました。化粧売り場のマニキュアです。それも黒。ある程度の伸縮性と耐久性、それからもちろん遮光性が期待できます。なにより安い。108円です。

同じく100円ショップで買ったメンディングテープでマスキングして、なるべく薄く塗りこんでいきます。

f:id:afcamera:20190316032110j:plain

塗ってはヘラで薄くのばし、光をあててはまだ漏れているところを探しては埋めていくという地道な作業でしたがマニキュアの速乾性には助けられました。それにしても百均のマニキュアの溶剤の臭いは強烈で、本当にこれは化粧なのか深刻に疑問を抱くレベルです(苦笑)。

この臭いは指先にちょっと塗るだけでもずいぶん残りそうな具合で、もちろんこんな臭気を発するシャッター幕をカメラ内部に組み込むのもよくない話でしょうが当座のこととして割り切ることにします。

分解ついでにこれまで掃除していなかった巻き上げノブ周りも掃除しました。

f:id:afcamera:20190316032324j:plain

f:id:afcamera:20190316032341j:plain

緑の物体は固まってしまっ古いグリスでこれがスムーズな動作を妨げています。この緑の塊をベンジンで拭いさり、新しいグリスを薄く塗ります。これだけで巻き上げ動作が軽快になります。本家のバルナックライカとは言いませんが、手持ちのカメラの中でも巻き上げの感触が気持ちのいい一台になりました。

ソビエトカメラの悪評のかなりの部分は生産後に五、六十年経った機械式カメラとしてはごく当然なレベルとしての整備不良という一言で解決するのじゃないかという印象を持っています。

試写
シャッター幕が十分に乾いたところでもう一度組み立てて距離計を調整し何枚か試写します(冒頭の花壇もそれです)。距離計の調整の手順はバルナックライカのそれと同じですので割愛します(詳しい記事が色々出てきます)。

試写用に使ったフィルムは当時常用にしていて先頃廃版になった富士のSUPERIA X-TRA 400です。レンズはFed1標準の沈胴式レンズFed(Industar-10 L39マウント互換に調整済のもの)です。

f:id:afcamera:20190316032823j:plain

少々褪せたような感じに写るのはこの時代のレンズの共通点ですが、この時代のレンズはそもそもカラーで撮ることを前提にしていません。実際このレンズもモノクロ撮影用のイエローフィルターがおまけについてきました。

もうすこし別のカラーネガフィルムも試してみたいところだったのですが、このあと当時お願いしていたDPEが店舗での現像受付を終了したのを受けてモノクロでの自家現像に注力していくようになっていきましたので追求はしませんでした。

最終的にはこのFed(改)は専門の修理店に依頼してシャッター幕を張り替えていただくとともにオーバーホールをしていただき現在も手元で快調に動作しています。

Fed(I)のマウント金具を交換してLマウント互換にする話 その1

f:id:afcamera:20190316021050j:plain

※ 以下の記事は2014年の原稿を元に再構成したものです。ソビエトのカメラ・レンズ史または写真史については国内に信頼に足る文献は少なく、伝聞に基づいた記述があることをご承知おきください。

Fed(I)のマウント(Fedマウント)について

2014年当時入手はしたものの放置していたFed(I)のボディがありました。これが初期の型というのがくせ者で意外に知られていないのですがFed(I)の初期型は所謂Lマウント(L39マウント / ライカスクリューマウント)互換ではないのです。

まずマウント金具のねじ切りが違うためLマウントレンズはスムーズに取り付けられません。そのためフォーカシングレバーがあるようなLマントレンズを付けるとレバーが明後日の位置に来てしまったりします。一時期のオークションではそういう個体がたくさん観測できました。

またやっと取り付けたとしてもそもそもフランジバックがLマウントと比べて若干短く、そのままだとピンぼけ写真を量産してしまうことになります。

これは質の悪いコピーだから精度が出ないというのでなく板金時代のライカも特に初期の機種ではレンズとボディーはセットで調整されていて、レンズが取り外せてもほとんど専用機だったというのと同じ事情のようです。

つまりライカのスクリューマウント(Lマウント/L39マウント)が確立する以前の一台一台レンズとボディをセットで個別に調整した時代の作法をそのまま律儀に導入してしまったと言えるのかも知れません。

Lマウントのフランジバックは28.8mmですが戦前のFED(I)のマウントは28.2から28.5mmの間のようでこれに経年劣化による変動が加わります。したがってこれにLマウントのレンズをつけても正常に撮影は出来ません。90年代ごろのカメラ・レンズ本には「ソビエトのレンズはどこにもピントがこない」「絞り込んだら使える」などということを平気で書き散らしたものがありました(どこにもピントがこない時点で前提を疑うべき)。現在広まっているソビエトカメラ・レンズまわりの"常識"はこのころの質の悪い記述の更に劣化コピーだったりするので注意が必要です。

といってもかなり長い期間にわたって生産されたFed1は後期(戦後)になるとフランジバックとねじ切りがライカ互換になりますし、また戦前モデルであっても中古の販売店がライカ互換に調整していたりするので、ボディを単体で入手すると適合するレンズを手に入れるのが少々手間になるのです。

先の事情で戦前モデルであればフランジバックが一律というわけではないらしく、またレンズとボディのセットを求めてもそれが最初から組み合わせられていた(キチンと撮影できる)セットとは限らないという次第で、時期的に合うはずの戦前のレンズを手に入れてもレンズ単体でLマウント互換に調整されていたりしてうまく合うものが探せないでいました。


Fed3のマウント(Lマウント互換)との交換

そういう次第でボディだけ手に入れたものの合うレンズを手に入れられないでホコリをかぶっていたのですが、あるとき手元のFed3に故障品が出て分解したもののうっかりパーツを無くして修理が不可能になってしまいました。

そこでFed(I)とFed3とのマウント金具との交換を思いつきました。上手く交換できればとりあえずLマウントのレンズを取り付けるだけはできる様になるはずです。

なお戦前のFedのフレームは真鍮のため分解すると歪み、精度が落ちていきます。かなり精度の悪くなった個体も流通しています。いずれにしろ分解は自己責任でお願いします。

さっそく分解にかかります。まずボディシェルからフレームを抜き出します。距離計連動アームの金具がくさび形のものになっているのがわかります。初期型のFedの特徴です。

f:id:afcamera:20190316020431j:plain

ボディシェルをマウント側から覗くと圧板の仕組みなども分かって面白いです。また、シャッター幕がかなり劣化していたことがわかってのちに応急処置を色々試しましたが最終的には修理店に相談しシャッター幕の張り替えをお願いしました。

f:id:afcamera:20190316020313j:plain

また"ソビエトのライカコピー機は金属ボディに直接シボ皮風の模様がモールドされて、その上から塗装されている"なんていうのも当時の適当な記述が生み出したデタラメですが、実際には樹脂が貼られていることはこの摩耗したネジ周辺からも分かります。この個体の所有者だった異国のユーザー達も散々個人で調整を繰り返してきたのだろうことを感じさせます。

f:id:afcamera:20190316020339j:plain

作業自体は一時間弱で交換終了です。右奥に写っているのはフランジバック調整用の紙製のスペーサーです。Fedに限らずバルナックライカの系統はこの様なスペーサーでフランジバックを調整しています。

f:id:afcamera:20190316020404j:plain

この写真に写っているモノはマウント全体を覆う形のモノですが、マウントのごく一部にスペーサーが噛まされている場合もあり、分解の際はどの位置にスペーサーが挟まっていたのかを記録しておかないと実写で片ボケを起こして詰みます。絶対に記録しておかなければならないポイントです。

さてこのFed(I)のフランジバックはLマウントより短いものと予想されるので、このときはマウントを取り出したFed3のスペーサーも合わせた4枚をとりあえず挿入しておきました。0.2mmをかさ増ししたことになります。

結果からいえば実はこのときはこれでちょうど良かったのですが、本来はデプスゲージなどで計りながら実際に入れる枚数を調整することになります。Aki-Asahi.comではLマウント用のPETフィルム製フランジバック調整スペーサーを販売しています。これを利用するのもよいでしょう。

aki-asahi.shop-pro.jp

フォーカシングレバーが本来の位置に納まってディスプレイ用としては充分な感じになったのが冒頭の写真です。Fed3のマウント金具のため、上から覗いたときにはちょいと空間ができるのはご愛敬ですが底蓋から覗いてみる限りで光漏れなどの問題はない様子です。

f:id:afcamera:20190316020948j:plain

このあときちんと撮影できるようにするためにはフランジバックおよびレンジファンダーの調整という工程がまっています。距離計カムも調整が必要になるかも知れませんが元々調整用のスペーサーを噛ませることも多いことを考えると実用上はあまり厳密に考えなくてもよいかもしれません。

f:id:afcamera:20190316021023j:plain

今回はここまで。

鎖 (COSINA ZEISS IKON + Canon Serenar 35mm F2.8 + FUJI SUPERIA X-TRA 400) / COSINA ZEISS IKONについて その2

no title

  • 撮影地:長崎(2014.01)
  • 機材:COSINA ZEISS IKON + Canon Serenar 35mm F2.8
  • フィルム:FUJI SUPERIA X-TRA 400
  • 現像データ:DPE

2000年代になって登場した完全新設計のレンジファインダーカメラ、ZEISS IKON(Zeiss Ikon)ですが、この写真を撮った2014年初頭を迎えるまでにはひっそりと生産を完了していました。大きな注目を集めたカメラのようでその実当時を振り返っても特集されたムックも一冊しか出ていないようであれば影響範囲はごく限られたものだったのだろうと思われます。 

影響という意味ではおそらく一眼レフベースの兄弟機であるBESSAの方が大きな影響を与えたのではないかと思うのですが、それはやはり登場した時期による差異が大きいでしょう。ツァイスイコンが登場したときには建前としてはともかく実態としては既にデジタルが覇権を確立することは揺るがない情勢でした。

そんな2005年にボディ単体で十数万円のレンジファインダーフィルムカメラに手を出す層というのは余程の趣味人であって、逆にその層にアピールするというのには十数万という値付けとそれに期待される、見合う質感としては信じられないかも知れないですが"安っぽすぎ"たのかも知れないと思わないでもなかったのです。

あらためて使ってみれば露出優先オートはやはり便利ではあります。BESSAと比較してシャッター音も静かだし巻き上げの感触もけっして悪くない。ただどこかで詰め方が足りないというか、部分部分はすごく良いのに総体として見たとき何故か安っぽい。ただそこで期待される質感というのは性能とは本来無関係なノスタルジーによるものでしかないのではというのも確かなのですが、ではこのカメラが本当にそういう趣味人を越えた層に届くことを目指していたカメラであるかというと疑問符がつくところなのです。

そのあたりに突っ込んだ厳しいコメントはウェブ上で飽きるほどみることができました。ただ、中古市場に殆ど出てこないし今なお高値を保っているところを見ると、当時それが届いた人のところでは実用機としてしっかり使い込まれているのではないかと思えてそれはそれで幸福なことだなぁと勝手に思っているのです。

COSINA ZEISS IKONについて その1

f:id:afcamera:20190310180728j:plain

見ての通り、手元のZEISS IKONのシルバーはかなり見た目を弄ってしまっています。おそらくほとんど最後であろう新設計の金属製カメラということで、高級機のカテゴリーなのだろうと思われますが、このシルバーボディはなぜか安っぽさが付きまとうように思います。

インスパイア元は初期のCONTAXあたりでしょうがデザインが今一つ煮詰められていない印象があり、ブラックの方は悪くないとおもうのですけれどシルバーの方にはどうしてもコスプレ感がぬぐえなかったのです。

あるときAki-Asahi.comを覗いているといい感じの革があったので思い切って張り替えてみることにしました。

カメラ革専科 [Aki-Asahi Custom Camera Coverings]

練習用として"黒"の貼り革までついてきたのには頭が下がります。いつもこういうサービスをして頂けるのかはわからないのですが、こんなことがあるとまた注文したい気分になりますね。

ついでに、そこだけメッキが浮いて見えたシャッターボタンにレリーズボタンを付けてしまった結果として、ずいぶんポップなカメラになってしまいました。

f:id:afcamera:20190310180837j:plain

COSINA系レンジファインダーカメラで実用的に撮影するにはグリップは必須と心得ているのでこれも装着しました。

f:id:afcamera:20190310180858j:plain

なお、この機種やあるいはR-D1シリーズについてについてよくある失敗のようだがBESSA用は装着不可であるのでご注意を。

幅広の30mmファイバー ネック・ショルダーストラップもAki-Asahi.comのもの。各部の色から長さまで細かくカスタマイズして注文できてしかも安いのでおすすめできます。

f:id:afcamera:20190310180952j:plain

この写真でつけているレンズは定番のソビエト製Sonnarコピー、KMZ Jupiter-8 50/2。考えてみればこのボディとレンズはカールツァイスの傍系の子孫同士のマリアージュということになるのかな。

f:id:afcamera:20190310181014j:plain

とても気に入っているレンズなのですけれども、この個体は雑な金属製キャップのせいで端の塗装が削れてきている。それもまた味ということで。

さて、なにかに似ていると思ったらこの配色、M型ライカエルメスモデルのパチものくさい(笑)。Summicronやシルバー鏡胴のレンズをつけたらさらにその印象が強まりそうで。 

極上カメラ100 (エイムック 2549)

極上カメラ100 (エイムック 2549)

 

 実はここまで書いてきてこの記事は2014年頃の旧ブログの記事を再構成したものなのですが、ファインダーに劣化が見られるようになりました。周辺部から黄色よりの変色があり、おそらくハーフミラーの劣化と思われます。近日中に整備に出したいところです。