光画図書室閉架書庫

写真史や撮影行為にまつわるあれこれを放り込む納戸。

20200211 ストリート

f:id:afcamera:20200401104204j:plain

撮る<現像<スキャンの順で、かつモノクロ<カラーで時間と手間がかかってしまうのでどうしても未現像フィルムがたまっていく。きちんと生活リズムに組み込まないと現像が終わらない。

また、仕事帰りでも気合いを入れれば4本前後の現像(モノクロ)まではなんとかなるのだが、スキャンとなると一本が限界。今日は1本どころか1セット12コマで眠気に敗北してしまった。

EPSON F-3200 + VueScanという環境。どちらも良いスキャナ、良いソフトではあるのだけれど、F-3200はホコリとの戦いであるし、VueScanはUIが独特でなかなか理解が難しい。英語の解説本はあるのだけれど内容もかなり古いようだ。

上の写真はかなり丁寧にかけてブロアーとブラシをかけたつもりだったがホコリだらけである。

f:id:afcamera:20200401104224j:plain

ノーファインダーで適当に撮り歩くとこういうことになる。一枚ではなんともならないが組むと面白くできないかと思っている。

写真はこのときのもの。

photoworks.hatenablog.com